口内炎ができる原因

みなさん、こんにちは!
ストレッチヒーローです(・o・)
 
 
口の中に口内炎ができると食べるときや飲み物を飲むとき痛いですよね。

 

今回は痛~い口内炎ができる原因と口内炎が出来た時のお家で出来る対策をお伝えします。
 
 
 【口内炎の原因】
・免疫低下
睡眠不足だったり、ストレスが溜まる生活を続けていると免疫力が下がります。急に口内炎ができたりします。
お仕事が忙しい方や夜勤のある方は口内炎できやすいといわれています。
 
・栄養の偏り
偏った食生活が原因で口内炎が出来ることもあります。日頃からバランスのよい食事を心がけることが大切です。

 
 
【口内炎ができた時お家で出来る対策】

 

・頻繁に水やぬるま湯で、うがいする
口内炎の一番の対策は口の中を清潔に保つことです。
できるだけ、頻繁にうがいするといいです。
「1日に何回でもいいので、少しでも時間があるときは、水やぬるま湯でうがいしましょう。」そうすると、口の中が清潔に保たれやすくなるので、常在菌の増殖を防ぐことができます。
 


・ゆっくり休養を摂る
徹夜や夜更かしが続いたり、体調を崩したりして、疲れが溜まっているときほど、免疫力が落ちて、口内炎になりがちです。
いつもよりも長めに睡眠をとったり、家でゆっくりすると口内炎はなりがちです。
 
・ビタミンB群を積極的に摂る
栄養も、口内炎の治療には効果的です。
規則正しく3食しっかり食べて、栄養を取れば、免疫力も高まります。
うなぎやレバー、卵に含まれるビタミンB2や、カツオやマグロなどに含まれてる、ビタミンB6、牡蠣やほうれん草などに含まれるビタミンB12を中心に積極的に食事を摂るのも大切です。

 
ビタミンをしっかり取って、辛い口内炎とサヨウナラしましょう