雨の日はいつもより眠気に襲われ仕事に集中できない方。   実は〇〇が関係していることをご存知でしたか?!

 

 

こんにちは。ストレッチヒーローです。

 

雨の日はいつもより眠気に襲われると感じる方はいますよね?

 

雨の日は眠くなる、間違ってはないんです!

 

どうして眠くなるのでしょうか?

 

実は「気圧」が大きく関係しているんです。

 

 


 

 

雨の日に眠くなるわけとは!?

 

 

雨や台風の日に眠くなるのは「気圧」が低くなり低気圧になっているからなんです。

 

低気圧の関係で空気中の酸素濃度が薄くなり、その影響で副交感神経が活発になります。

副交感神経とは、自律神経を構成している神経の一種。リラックス時に活発化するものです。

つまり、低気圧の影響で体がリラックスし、眠気に襲われてしまうと言えます。


 

 

眠気に効果的!睡魔に負けずに仕事をする方法。

 

 

 

仕事中、眠くなった際に眠気を抑えてくれる効果的なものとは。

皆さんご存知のコーヒー、緑茶、烏龍茶、エナジードリンクなどのカフェインです。

 

 

カフェインは、皆さん眠くなった時や集中したいとき、スポーツする際に飲まれることが多いんではないでしょうか?

 

 

 カフェインには興奮作用があり、その興奮作用が副交感神経の反対の働きをしてくれる、交感神経に刺激を与えるので眠くなりにくくなるわけなんです。

 

 

ですが、眠いからといってカフェインの摂りすぎるのは良くないので気をつけましょう。

 

 

 

 

他にも、交感神経を刺激するのが「辛い食べ物」

 

 

辛い食べ物の代表でもあるトウガラシにはカプサイシンという辛味成分があります。

 

 

カプサイシンはアドレナリンの分泌の働きを良くしてくれます。

 

 

アドレナリンには脳の集中力や判断力を高めてくれる働きがあるので、午前中から眠気に襲われている方はお昼ご飯は香辛料が効いたカレー担々麺などがオススメです。

 

 

 

 

 

それでも、眠くなったり体がだるい症状があれば自律神経が乱れている可能性あります。

  

自律神経の乱れを感じるあなたに、小顔ストレッチ