夏風邪をひかないようにするために

こんにちは!

ストレッチヒーローです。

 

 

 

最近、蒸し暑くなり、扇風機やクーラーがなくてはならない季節になりましたね☀

猛暑の暑さの続きでクーラーや扇風機を1日中、つけっぱなしで喉が乾燥して体調を崩す人が多く見られますよね。

 

【エアコンで冷やしすぎると…】

・のどが乾燥して免疫力が低下する

・室内外との温度差が大きく自律神経が乱れる

・睡眠の質が低下する

 

 

・冷房は水平、上向きがオススメ

冷房の風向きは天井に対して水平、上向きがオススメです。

冷たい空気は部屋の下部にたまります。風向きを天井に対して水平や上向きにすることで冷気が上から下に降りながらムラなく部屋全体を冷やすことができます。

 

 

・扇風機を置く適切な場所

扇風機をつけて横になったとき、どこに風を当ててますか?

よく上半身に向かって扇風機の風をかける人はたくさんいると思います。

扇風機の風は足元にかけるのが望ましいです。

 

 

 

【タイマーをうまく活用しましょう】

その日の気温や部屋の喚気状況にもよりますが、クーラーや扇風機で快眠したい場合にはタイマーをうまく活用することが重要です。

 

人は入眠時に体温がうまく下げれないと上手く寝付くことが出来ないのです。

タイマーを使って扇風機やクーラーを自動で切れるようにしておきましょう。

およそ、30分から1時間程度でタイマーを設定することで身体に負担かけることなくスムーズな睡眠効果が発揮できます。

 

 

暑い日は続きますが、体調管理もお仕事の1つなので日々の生活から変えていきましょう✊