〇〇が硬くなっていませんか?

 

・前屈をしたときに、お腹がつる

・身体の疲れがとれない

・痩せようと思ってもなかなか痩せれない

・イライラがとまらない

 

当てはまる人は、居ませんか?

そこの”あなた”横隔膜が硬くなっています!

 

 

そんなあなたのために

 

・横隔膜の機能

・横隔膜を柔らかくするストレッチ

 

を紹介していきます。

 


 

・横隔膜とは

横隔膜は肺の下にあり、呼吸のために肺と連動しています。

クラゲの傘のような構造です。

 

横隔膜がうまく働かないと、

深い呼吸ができなくなります。

深い呼吸ができないと、

・肩こり

・眠っている時間は長いのに、眠気がとれない

・疲れがとれない

・肥満

・便秘

・冷え性

・むくみ

などがあります。

 

横隔膜が使えないと、自然と姿勢を悪く

色々なトラブルを起こします。



【横隔膜柔軟性UP↑ストレッチ】

 


 

背もたれに背中が当たらないように、椅子に腰かけます。

 

①胸の前で手を組み、前に出しながら

 息を細く長く吐き、お腹をのぞきます。

 背中を丸めます。

②息を吸いながら肘を後方にひき、同時に胸を開きます。

 上半身を反らさないように気を付けましょう。

 

①と②を10回繰り返します。


 

①うつ伏せで、リラックスした状態で

 寝転がります。

②手をついて、お腹を伸ばします。

 この時、肘をしっかりと伸ばしましょう。

 

②の状態で30秒キープします。

 


 

横隔膜をしっかりと柔らかくしましょう。

 

横隔膜が柔らかくなることで、

深い呼吸もできるようになります。

深い呼吸で身体の不調もよくなります。

 

あなたのお身体の悩みは、横隔膜が原因かもしれません。

上記のストレッチを是非試してみてください^^