辛い肩こりの解消セルフストレッチ

 

こんにちは!

ストレッチヒーローです!

 

長年悩まされている肩こりとお別れしませんか?

 

肩こりの原因として、筋肉の硬直(酸素不足)があげられます。

血流が悪くなり、酸素がうまく供給できていないので、

筋肉は硬くなり、コリにつながってしまうのです!

肩こりになりやすい方の特徴として、

 

・長時間同じ姿勢でいる

・仕事中に姿勢が乱れることが多い

・頭が前に倒れている

・肩甲骨の動きが悪い

・気持ちが落ち着かず体に力が入ってしまう

などがあります。

 

そこで今回は、気になる肩こりに対しての

セルフストレッチをご紹介します!

まず、意識してほしいことは肩こりを改善していくためには、

肩の筋肉のみを伸ばすという意識をしないことです。

 

肩の周りにはたくさんの筋肉があります。

周りの筋肉が原因でコリが生じていることもあるため、

 

今回のセルフストレッチでは、

・胸

・肩甲骨

のストレッチをご紹介します!


まずは、胸の筋肉を伸ばすストレッチです!

 

トレーナーの写真を参考に見てください。

 

・壁に手をつき、肩を壁に寄せます。

・胸を張るように突き上げることが

ポイントとなります。

・この状態で10秒キープしましょう。


次に肩甲骨のストレッチです!

2種類ご紹介します。

ここでは、菱形筋に注目です。

 

菱形筋が硬くなることにより、

肩甲骨の動きが悪くなり、コリにつながる

可能性が高いです。

 

 

下の写真をご覧ください。

 

 

・タオルを使用し、ストレッチを行います。

・上下に引くように力を10秒入れます。

・上に引くように10秒力を入れます。

・下に引くように10秒力を入れます。

 

この動作を行うことにより、肩甲骨のストレッチを

行うことができます。


次は、2種類目のストレッチです!

下の写真をご覧ください。

 

まずは、手のひらを外側に向け両腕を上げます。

・しっかり伸ばした状態から肩甲骨を寄せるイメージで

腕を下ろします。

・これを5回繰り返し行いましょう。

 


肩こりになった際は、揉むのではなく伸ばすことで改善に近づくので、

ストレッチを通して、体を凝らない体へと変えていきましょう!

そして、姿勢改善や、柔軟性の向上も重要なポイントとなってきます