お尻の柔軟性って重要なの?

 

「最近、腰が痛いな・・・」

「全身がつかれやすいな・・・」

 

などと感じる方は、いませんか?

 

お尻の筋肉が硬くなっているのが原因かもしれません。

 

そんなあなたへ、

 

・お尻にある筋肉

・お尻が硬くなるデメリット

・お尻が柔らかくなるメリット

・お尻を柔らかくするストレッチ

 

を紹介します。

 


 

お尻にある筋肉の種類

 

・大殿筋

 

大殿筋は、お尻にある筋肉の中で、最も大きな部位です。

単体部位としては、人体で最も大きな体積です。

しっかりと鍛えることで、基礎代謝の効果的な向上があります。

 

・足を体よりも後ろに下げる動き

・足を外に広げる動き

・膝を外に向ける動き

 

に重要になっています。

・中殿筋

 

お尻の外側に形成している筋肉です。

 

・足を外に広げる動き

・膝を外に向ける動き

・膝を内に向ける動き

 

に重要になっています。

 

・小殿筋

 

小殿筋は、中殿筋と共にお尻の外側に形成している部位です。

股関節の外転動作にとても重要となります。

 

・足を外側に広げる動き

・膝を内側に向ける動き

 

に重要となっています。


 

お尻が硬くなるデメリット

 

 

・冷え性

・むくみ

・下半身太り

・O脚・X脚

・腰痛

・不眠

・たれ尻

・セルライト

 

などがあります。

 

「お尻から?」と不思議に思う方も多いと思います。

お尻が硬くなっていると、こんなにも

体に悪影響になっているのです。

 


 

お尻を柔らかくするメリット

 

・ヒップアップ

・冷え性改善

・腰痛改善

・肩こり予防

・股関節の柔軟性向上

・怪我の予防

 

などがあります。

 


【◆お尻の柔軟性UPストレッチ◇】

 

①床の上に座る

②両足をの膝を立てて、上半身は後ろに体重をかける

③②の時、両手でしっかりとバランスをとる

④右足を曲げて、左足の太ももにかける

⑤数字の「4」を足で作ったら、軽く体を前に倒す

⑥限界まで倒し、20秒キープ

⑦元に戻し、左側もする

 

 

①椅子に座る

②右足のふくらはぎを左の太ももに乗せる

③②の時、膝がお尻の外側にあるようにする

④右手で右足のふくらはぎ、左手で右足の足首を持ちゆっくりとあげていく

⑤痛みの出ない限界まで上げたら、20秒キープ

⑥元に戻し、左足もする

 


 

お尻は、下半身と上半身を結ぶ重要な部位です。

筋肉が硬くなってしまうと動作も思うように行えなくなります。

 

お尻の筋肉を柔らかくして、健康的で

コリや痛みのない体つくりを目指しましょう!