寝起き頭痛が起きやすい理由‼

睡眠後の頭痛が当たり前になっていませんか?

 

なぜ、頭痛が起きるのか?頭痛には片頭痛、緊張型頭痛、など種類があります。頭痛頭痛が起きる際は「自律神経」が大きく関係しています。

 

こめかみ辺りに脈をうつように痛んだり、長時間のパソコンや運転で目が疲れから、職場の人間関係などのストレスから頭痛になる方が多くなってきているようです。

 

 

寝すぎた後に、頭痛が起こるのはなぜ?

 

皆さん、普段次の日がお仕事の時は何時間睡眠をとっていますか?

基本的に一日の睡眠時間が大体同じという方は多いのではないでしょうか。ただ、頭痛が起きやすい人ほど、休日は、いつもより長く寝ていませんか?「そうかもしれない」と思ったあなたは睡眠時間も見直してみましょう。

 

寝起き頭痛の理由は、脳の混乱が考えられます。週末はいつもより寝るというあなたは、脳の血管の収縮や拡張のリズムが変わり生活リズムが崩れる原因を作っています。「自律神経」を乱しやすくなります。眠りすぎると血行が悪くなります。眠っている間、血管などの緊張は緩み、血管が拡張しやすくなることでも頭痛が起きやすくなります。逆に血管を緊張させるために「セロトニン」という脳内物質が放出され、血管の緊張が続くと頭痛に繋がります。

 

当店の、ストレッチオプションに小顔ストレッチがあります。

小顔ストレッチは、血行を促す効果もあり、頭痛が起きやすい方には、効果的なストレッチオプションです。

小顔ストレッチは自律神経を整えるストレッチでもあり、「より長く眠れるように」ではなく睡眠時の「質」を高める施術です。

 

小顔ストレッチは、筋肉を伸ばす頸椎の調整など症状がある方に効果的で、頭が痛い時や肩が痛い時は、その部位を、揉んだり、押したりしたくなるかもしれませんが、それが悪化してしまう原因でもあります。

 

そういった、お悩みがある方は是非いらしてください。

小顔ストレッチについて詳しくはこちらより