「腰痛ベルト」で腰痛改善に負の効果⁉part1

 

こんにちは!

ストレッチヒーローです!

 

皆様、腰痛で辛い思いを経験したことはありませんか?

腰痛を引き起こした際に頼るのが、

「コルセット」です。

 

そのコルセット、

もちろん長所もありますが、実は短所もあることはご存知でしたか?

 

そこで今回はコルセットについて、ご紹介します。

次回のpart2ブログでは、自身の体にある筋肉のコルセットについてお話します!


〇コルセットの長所

 

腰痛ベルトは痛みの改善にはあまり効果は認められないものの、

腰痛による日常生活の制限を改善する効果が可能性としてあり、

付けることによって動ける範囲が広がるという点があります。

昔までは「安静第一」という慣習がありました。

しかし、最近では安静にすることは、腰痛改善や職場復帰などを遅らせる要因で

あると言われています。

安静にすることで肉やその他の身体機能が落ちてしまうためです。

 

 

〇コルセットの短所

 

コルセットの大きな短所としては、それ自体に治癒効果はないということです。

また、慢性的な腰痛を抱えている方を対象とし、コルセットは無治療の方と

比較しても痛みの程度、機能改善に効果は認められていないという結果も

出ているようです!

 

なので、まずは自身で腰痛をコントロールし、日常生活や

仕事で困らない生活を手に入れるという意識を大切にしていきましょう!

 

〇コルセットを付けるタイミング

 

コルセットはずっと付けておくものではなく、腰に負荷のかかる作業

運動をする時に付けるのが大切です!

 

コルセットは腹筋の代わりに補助をしてくれているため、

ずっと付けていると腹筋を使わなくなり、弱くなってしまいます。

インナーマッスルなどの腹筋は腰の骨を安定させるために重要な働きを

するため、この筋肉が弱くなると、腰痛が改善しにくくなったり、再発しやすい

体になってしまうのです!

 

 

そのため、インナーマッスル(体幹)を鍛えることはとても

重要なポイントなのです!

 

次回!

自身の体に備わっているコルセット(体幹)について、

また、簡単な運動のご紹介を致します!

是非そちらもご覧ください!