腰痛と下痢が同時に起こるのはなぜ?

「お腹の調子が悪い時、腰痛も一緒に起こっている気がする...」

なんてこと、ありませんか?

 

 

 

それ、気のせいではありません!!

お腹の筋肉が硬くなると、冷えやすくなり内臓の機能が低下してしまいます。

お腹が硬くなると、近い場所にある腰や足の筋肉も硬くなってしまうので腰に負担がかかり、腰痛が起きやすくなります。

 

そのため、腰痛と下痢は同時に起こりやすいのです。

 

 

 

 

 

 

 

予防するためには...?

腰やお腹を冷やさないようにすることが重要です。

カイロを貼って直接温めることも効果的ですが、適度な運動を行って体温を上げ、基礎代謝を上げることがオススメです。お腹や、腰回りの筋肉のストレッチ(セルフストレッチはこちらで体を温めましょう🔥

 

 

さらに、お腹や腰回りの筋肉を鍛える体幹トレーニングもオススメ!!基礎代謝も上がりやすく、また、内臓の位置を正しい位置に戻してくれます。それによって、お腹の調子も整います🌱

 

体が動かしやすくなると、腰への負担も減るので腰痛も起きにくくなってきますよ♪

 

 

 

マンツーマンで体幹トレーニング(^_^)/

体幹トレーニングと聞くと、難しそう!と思う方も多いと思いますが、ストレッチヒーローの「体幹ストレッチ」ならクライアント様に合わせた強度でトレーニングをしていくので安心して受けられることができます。

 

 

詳細はこちらから👇

体幹ストレッチページ