脊柱管狭窄症


 

脳から続く神経である脊髄が通るトンネルが背骨にあり、これを脊柱管といいます。

 

脊柱管が狭くなってしまう病気を脊柱管狭窄症といいます。

脊髄が圧迫され、腰に痛み・脚のしびれなどを引き起こします

 

脊髄が圧迫される原因

・骨や靭帯が腫れて厚くなる

・椎間板の突出などが原因で脊柱管が狭くなるため

 

骨や靭帯などが変性して起こることが多く50代以降の方に多くみられます。


症状

・お尻の痛みや足の痛み (立っている時、歩行時)

・腰の痛み

・足のしびれなど 

原因 

発症の原因は脊柱管を取り囲む組織の退行性変性(老化)です。

(ただし個人差があり、日常生活や遺伝的な要素も関係しています)

 

すべり症椎間板ヘルニアなどの病気に続いて発症することもあります。


治療法

症状が軽い場合、まずは薬物治療やコルセットを用いた保存療法を行ないます。

痛み止めや痺れ止めなど複数の薬が市販されており、それぞれ効能の異なる薬を何種類かあわせて使用する場合もあります。

 

改善が乏しい場合や緊急を要する場合は手術を検討します。

不安定になった背骨を金属螺子で補強する方法、骨を削り狭窄部位の神経圧迫を取る方法があります。近年では内視鏡などを用いた手術も行われています。



ストレッチヒーローからのアドバイス

背骨への負担を抑えるには

ストレッチが効果的!!!

背中の筋肉と股関節周りの筋肉

 

・仰向けで両足を抱え込むと脊柱起立筋(背中の筋肉)に効果があります。

 

・仰向けで片足は伸ばしたまま、もう一方の足を持ち上げ太ももの裏を持ち、その位置からひざを伸ばすとハムストリングス(太もも後ろ側の筋肉)に効果があります。

 

・仰向けで片方の足は伸ばしたまま、もう一方の足を曲げて抱え込むと腸腰筋(股関節前側の筋)に効果があります。

 

※伸ばしている筋肉を意識しましょう。約30秒が目安です。


日頃から運動して筋力をつけて下半身の筋力を落とさないようにしましょう。

また、姿勢の悪さなどによる背骨への負担を減らすことも重要です。

寒くなると症状が悪化するので体を冷やさないようにしましょう。