末端血流障害って?冬に冷えない体づくり!

 

寒い日が続いていますね"(-""-)"

 

この季節、手足の冷えが気になっていませんか?

 

 

冷え性・末端冷え性、放置していませんか?

 

 

とにかく冷やさないように、カイロをあてたりたくさん靴下をはいたり・・・

 

毎年、ガマンで乗り切ろうとしているあなた。

 

 

 

今年こそは、「冷えないカラダ」にしませんか?

 

 

冷え性の主な原因として、「末端血行障害」が挙げられます。

末端血行障害とは、指先や足先まで血液がいきわたりにくくなる状態のこと。

 

 

こういった血行不良になってしまうと体は手足の体温調節ができずに冷えを招いてしまいます。

 

 

冷えた箇所を温めてやり過ごそうとしても根本的な解決には至りません( ;∀;)

 

 

冷えを改善するため必要なのは「正しく筋肉を使える、柔軟性の高い体」です。

 

 

例えば肩甲骨周りが硬くなってしまうと指先まで血液が行きわたりにくくなり、指先の冷えを招きます。

 

 

 

 

そうならないために、今回は指先の冷えが気になる方のためのストレッチを試してみましょう!

 

 

 

●肩甲骨と胸のストレッチ

 

①鎖骨の端から指3本ほど下の箇所(図の☆マークのところ)を手で押さえます。

 

②押さえたまま、肩を上下に10回上げ下げしましょう。

 

 

 

●手と指先のストレッチ

 

 

①指を1本ずつ手の甲側に伸ばしていきます。

 

②全部の指を伸ばしたら、手の平~手首を伸ばすように先ほど指を伸ばした方向にストレッチしましょう。

 

※指を傷めないよう無理のない範囲で行ってください

 

 

 

毎年冷えが気になるあなた。

ぜひ温めるだけでなく、こういったストレッチも改善策として活用してみてくださいね(^_-)-☆