子どもにしかないゴールデンエイジ

 

こんにちは。

ストレッチヒーローです!

 

 

子どもの頃(5~12歳)にしかない重要な時期、

ゴールデンエイジをみなさんご存知ですか?

 

 


ゴールデンエイジの過ごし方を間違うと、一生に一度の機会を無駄にしてしまう可能性もあります。

 

 

ゴールデンエイジとは、子どもの運動神経が著しく発達する時期を言います。この時期の過ごし方が、子どもの運動神経、能力に大きな影響を与えます。

 

 

具体的には、5~12歳(年長~小学6年生)の期間です。

体の動かし方、動作、技術を短時間で覚えることができる、

一生に一度だけの貴重な年代をゴールデンエイジと呼びます。

 

成長が早い時期の5歳と12歳では身体的違いが大きいため、

「プレ・ゴールデンエイジ(5~9歳)」「ゴールデンエイジ(10~12歳)」

に分けます。

 

 

「プレ・ゴールデンエイジ(神経系の発達)」

 

子どもの神経は5~6歳までに急激に発達し、大人の80%にまで達します。

また、12歳では神経系の発達はほぼ100%で大人と同じです。

この記事を見ているあなたの運動神経は10~12歳で作られたと考えてください!

この時期に様々な動作を体験することで、脳が刺激され、運動神経も発達していくのです。

 

 

「ゴールデンエイジ(即座の習得)」

 

「即座の習得」とは見よう見真似ですぐにできてしまうということです。

この時期の子どもは、初めてチャレンジする動作でも、手本を見ただけでできてしまうことがあります。

 

大人は、動作を分析しようとし、「足の位置は…」「肩の高さは…」など考えてから動きますが、

子どもは直感で動きのコツをつかみ、動作を習得することが出来ます。

 

 


つまり、この時期に様々な遊びを通して体を動かすことで、運動神経や能力が決まってしまうといっても過言ではないということです。

 

そして、運動神経のみではなく、

この時期にストレッチを通して柔軟性を高めること、美しい姿勢を定着させることなども重要なのでお子様の様子をチェックしてみてください!


~お子様の様子チェック~

☑背中が丸くなっている(猫背)

☑運動が苦手、嫌い

☑集中力がなく、落ち着きがない

☑前屈で手が由香に届かない

☑かかとを床につけたまましゃがめない

☑けがをしやすい

☑歩き方、走り方が悪い   など。

 

悪い姿勢は集中力の低下にもつながります。(脳への酸素不足)

姿勢を正すことは心にも影響を与え、

・自信マンマン

・やる気マンマン

な強い心へと成長させてくれます!

 

姿勢・柔軟性・体の使い方

ストレッチで今!正しい習慣を身に付けましょう!