安静にするほど長引くぎっくり腰

みなさん、こんにちは!

ストレッチヒーローです!

ぎっくり腰でお困りの方はいらっしゃいませんか?

ぎっくり腰が発生すると、「横になっているだけでも辛い!」

ということはありませんか?

実は、ぎっくり腰は安静にしすぎると、完治するまでに

余計に時間がかかってしまうということはご存知でしたか?

ぎっくり腰が起きた際には、

「なるべく日常生活を普段通りに送る!」

ここがすごく重要です!(^^)!

安静にして体を動かさない人、日常生活を心掛け生活する人では、

治癒する速さが違うという研究結果も出ています。


ぎっくり腰が起きるケースは様々で、

一番多い事例が「重たいものを持ち上げた時」です!

他にも、くしゃみをした拍子に、軽くお辞儀をした時に、など。

ぎっくり腰は一週間~二週間で自然に回復するとされていますが、

その腰痛の陰に、椎間板ヘルニア圧迫骨折などの可能性もあるので、

痺れや、強い痛みが続くようなら注意が必要です!

日頃からの予防としては、動き方や姿勢に気を付けたり、

十分な筋力や柔軟性を保つことが重要です!


ぎっくり腰の際にオススメのストレッチとして、

以下のような動きがあります。

痛みが強い場合は無理のないように行いましょう!

回数としては、前後の動きを10回×2セット行いましょう。


ぎっくり腰は起きてしまうととても辛いです。

オススメのストレッチをお伝えしましたが一番良いのは、

ぎっくり腰が起きにくい体を作ること(予防)が理想です!

普段から、ストレッチ、適度な運動を心掛けぎっくり腰とは

お別れしましょう(*^^*)

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP