『内臓脂肪』=男性 『皮下脂肪』=女性

内臓脂肪とは、腹部を中心とした内蔵の周りに蓄積した脂肪のことを言い、女性より男性につきやすいと言われています。

  

皮下脂肪とは、体の上からつまめるお肉のことです。男性より女性に多く、女性特有の身体機能が深く影響しています。体内に子どもを産むための子宮があるので、そこを保護するべく脂肪がつきやすくなっているのです。

 

 

初回お試し 詳細・ご予約はこちらからhttps://stretch-hero-diet.jimdofree.com/


要因


内臓脂肪

 

加齢

基礎代謝量が低下することで内臓脂肪がつきやすいといわれています。

基礎代謝とは、生きていく上で何もしていなくても必要なエネルギー消費のことです。運動不足などで筋肉量も低下してしまうと、摂取した栄養を消費しきれなくなり、内臓脂肪がつきやすいといわれています。

 

運動と食事のバランス

運動と食事のバランスが崩れると内臓脂肪がつきやすいといわれています。

食事等で摂取するカロリーに比べ運動や代謝などの消費カロリーが少ないと、余分なエネルギーが脂肪として蓄えられてしまいます。

皮下脂肪

★食べすぎ、運動不足

食べすぎたり運動不足になると、エネルギー(糖)が体内で余ることになり

、余ったエネルギー(糖)は脂肪にすり替わり、着々と皮下脂肪として溜まっていくことになります。


内臓脂肪の減らし方


食事

1日3食、バランス良く食事をとるようにしましょう。理想的な食事のバランスは、朝5 > 昼3 > 夜2といわれています。夜食べ過ぎた場合、寝ている間にコレステロールの合成が行われて内臓脂肪の原因となってしまいます。

 

基礎代謝アップ

基礎代謝をアップさせるために、筋肉量を増やすことが必要です。筋肉のもとになる栄養素の高タンパク質の食材をとりましょう。

 

 

有酸素運動

脂肪を効率よく燃焼させるために、軽めのジョギングやエアロバイクなどの有酸素運動をしましょう。

 


皮下脂肪の減らし方


 

筋力をつける

何もしないとドンドン筋力が低下します。日常で体を動かすことを意識して生活しましょう。脚やお腹の大きな筋力をキープすると基礎代謝が上がり脂肪が付きにくくなるといわれています。

 

タンパク質を多めに摂る

魚や肉、卵などのタンパク質を含んだ料理を毎日食べましょう。良質なタンパク質をチャージすれば、脂肪を溜めにくく付いても燃える体質になります。

 

 

 

初回お試し 詳細・ご予約はこちらからhttps://stretch-hero-diet.jimdofree.com/