足の裏の違和感1~症状と原因~

こんにちは!!!

ストレッチヒーローです☺

今までに足の裏が痛いなとか違和感を感じたことはないですか💭👣

足の裏の痛みについて知っている人はそんなに多くはないと思います!

そこで、意外と心当たりがあるかも。足の裏の症状についてです!!

  1.測定筋膜炎 

   足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜

   に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気。

   多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こる。主に、40~50歳以上で発症するが

   若い人でもスポーツ選手になどに多いです。

  (原因)

   歩行やランニング、ジャンプで使いすぎたり40歳代以降になると

   炎症を起こしやすくなります。また長距離をはじめとするスポーツや

   長時間の立ち仕事をする人も発症することがあります。

  2.外反母趾

   足の親指が小指側に変形し、「くの字」になる状態をいいます。

   足の人差し指の付け根や小指の付け根などにタコを形成し、痛みを

   伴います。

  (原因)

   外的要因としては、ハイヒール👠です。足先が細くなっている、かつ

   ヒールが高い分体重が先のほうに集中してしまいます。

   ヒールを履かないのに…という方は内的要因です。

   外反母趾の発生制度の男女比は1:10と圧倒的に女性に多いです。

   女性は関節が男性に比べて柔らかいことや筋力が弱いことが原因と

   なっています。

  3.内反小趾

   足の小指が外側に曲がる病気です。曲がった部分が靴にあたるため

   炎症を起こしたり、タコやウオノメができて痛むこともあります。

  (原因)

   不適切な靴の着用と歩き方のクセです。例えば、緩い靴を好む人、

   高いヒールを履く人、内股、ガニ股、O脚の人に多く見られます。

足の裏の病気にまで気にする機会はあまりないと思いますが、進行してしまうと

歩けなくなったりしてしまいます😱😱😱

原因を見ると自分自身で気をつけることができる内容ばかりです。

痛みが出たら少し気にしてみてください!

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP