大人になると身長が縮むワケとは?

 

 

毎年の健康診断。

 

実は身長が少しずつ縮んでいる…

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

==加齢とともに身長は縮む?==


 

 

「40歳以降平均すると10年で1センチ縮む」と言われています。

 

成長期が終わると、身長の伸びは止まり、

中年期以降になると加齢とともに、個人差はありますが少しずつ身長が縮む傾向があるようです。

 

 

 

 

 

==身長が縮む原因とは?==


 

身長が縮む原因はいくつかあるといわれています。

 

 

◇加齢による水分の減少

 

人間の体の水分量は、子どもで70%、成人55~60%、老人50%と、

年齢を重ねるにつれ、減少していきます。

これに伴い、背骨の椎間板の水分量も減少して厚みがなくなり、身長が低くなるようです。

 

◇骨粗しょう症による背骨の圧迫骨折や変形

 

骨粗しょう症は骨がスカスカになり、骨折しやすくなる病気。

女性のほうが男性より5倍も多く、閉経によるホルモン分泌の低下が大きく影響しています。

 

 

◇生活習慣による姿勢不良

 

猫背で背骨がゆがむ、立つときに膝や股関節が曲がっている、

O脚やX脚も身長が低くなる要因のひとつです。

 

姿勢が悪くなってしまうと、身長が縮んでしまう可能性があります。

 

 

 

 

 

==身長が縮むのを予防するために==


 

まず、自分でできる身近なこととして、

生活習慣を意識しましょう^^

 

 

 

【キレイな姿勢を意識する】

 

・食事をするとき

・座って仕事をするとき

・テレビをみているとき 

・運転しているとき

 

普段の姿勢を振り返ってみてください。

 

 

背中が丸くなったり、顎が上がったり

足を組んだりしていませんか?

 

 

気づいたときに、

〇背中、お腹を伸ばすように座る

〇顎を引く

〇足を組まないように…

 

などと思い出して、意識をしてみてください(^^)/

 

 

 

【ストレッチをする】

 

日常生活では、筋肉が縮む動きばかりです。

 

筋肉の硬さを放っておくと

・姿勢不良

・O脚

・腰痛や肩こり

にもつながります。

 

 

普段ストレッチをする機会はあまりないかもしれませんが、

 

・朝起きたら伸びをする

・寝る前に前屈をしてみる

・座りっぱなしのときに足首を回してみる

 

など日常生活にも少しずつ取り入れていけると良いですね。