〇〇は、腹式呼吸で改善しましょう!

最近は、子どもの頃に煙草の煙等が原因で慢性的に呼吸が苦しくなり、大人になってもぜん息に苦しんでいる方が増えています。

今回は、ぜん息改善に期待できる方法をご紹介していきます!!

腹式呼吸

腹式呼吸をすると、

★自律神経の調整

★全身の筋肉を※弛緩(しかん)させる

★横隔膜を上下させ腹圧が変化し、便通を改善

など、様々なプラスの効果が期待されます。

 ※弛緩とは、ゆるむ・たるむことを言います。 

★腹式呼吸の方法★

① 仰向けに寝てひざを曲げる 

② 手をお腹と胸にあてる

③ 手でおなかを軽く押しながら、おなかをへこませて息を吐き切る

④ 鼻から大きく息を吸って、おなかに当てた手を押し上げるようにしておなかをふくらます

⑤ 口をすぼめておなかを手で軽く押しながら息をゆっくり吐き切る

喘息の症状は

・夜間~早朝にかけて

・季節の変わり目

・疲れているとき

・発作を引き起こす刺激に触れたとき(煙草の煙など)

などに起こりやすいといわれています。

改善方法を1日に3~5回行なう習慣をつけていくと、呼吸がかなり楽になり症状改善に期待できます。気になる方はぜひ生活習慣のひとつに取り入れてみて下さい(^^)/

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP