妊娠中に「ストレッチ」がオススメなワケとは?

 

 

こんにちは!ストレッチヒーローです!

 

今日は妊娠中の女性に「ストレッチがオススメな理由」について紹介していきます。

 

 

 

妊娠期間中は、妊娠経過や体調に問題がなければ

ウォーキングやストレッチ、ヨガなどで体を適度に動かすことは勧められています。

 

(ただし、妊娠初期の段階や切迫流産、切迫早産の兆候がある場合などは

運動は控えたほうが良いので医師に相談することが大切です。)

 

 

 

 

安定期に入り、トラブルがない場合は、

無理のない範囲で体を動かすことは、気分転換にもなるので積極的に取り入れると良いかもしれません。

 

 

 

 

 

【 妊娠中の女性にストレッチが大切なワケとは? 】

 

 

ー妊娠中の腰痛など症状の予防ができるー

 

 

妊娠中は多くの方が腰痛を経験します。

 

妊婦の腰痛の原因はさまざまですが、

お腹が大きくなることで体が反りやすくなることや

出産に向けて骨盤周りの靭帯が緩みやすくなることが

大きな原因だといわれています。

 

また運動不足により、筋力の低下や血行不良で腰に痛みが出ることも。

 

 

そのため、定期的に体を動かして

筋力を維持すること、体が硬くならないようにすることが大切です。

 

 

そこでストレッチがオススメ。

体の柔軟性が保たれると、正しい姿勢が維持できたり

無理のない範囲で体を動かせるので、腰痛を予防できます。

 

 

もともと腰痛がある方は

妊娠中の腰痛になるリスクが高いかもしれないので

痛みが出る前にストレッチを習慣にしておくと良いですね。

 

 

 

 

 

ー体重増加を防止できるー

 

ストレッチはハードな運動ではありませんが、

立派な運動の一つなので、定期的に行うことで体重増加の防止が期待できます。

 

 

妊娠中は、人によっては食欲が増加するにも関わらず、

非妊娠時と比べると、活動量が減るので体重が増加しやすいもの。

 

またホルモンの働きによって

体内に水分を溜めやすいので太りやすい状態に。

 

産院によっては、体重増加を厳しく管理する病院もあるため、

過度な体重増加に悩む女性も多くいらっしゃいます。

 

 

そこで、役に立つストレッチ。

 

筋肉の柔軟性をあげることで、可動域広がります。

また血行が良くなるので基礎代謝にアップに期待できます。

 

 

 

 

 

ーストレス発散、リラックスできるー

 

妊娠中の女性は多くのストレスや不安を抱えています。

 

食べてはいけないものや飲んではいけないものがあったり、

体が思うように動かせなかったり、ぐっすり眠れなかったり…

人によっては大きなストレスを感じてしまいます。

 

そんな時にもストレッチが効果的。

好きな音楽をかけ、アロマを焚いて、リラックスできる環境で

ストレッチを行うと身体も心もリフレッシュできますね。

 

軽い運動はうつ病を予防できるとも言われているので

気分が沈みがちな方は積極的に取り入れると良いですね。

 

 

 

 

【妊婦さんがストレッチを行う際の注意点とは?】

 

 

妊娠中のストレッチはメリットがたくさんありますが、

繊細な妊娠中であるからこそ注意も必要。

 

 

 

安定期に入ってからスタートしましょう

 

体への負担が少ないストレッチですが、

流産などのリスクが高いといわれる安定期前は行わないようにしましょう。

 

つわりなどもおさまり、妊娠5か月以降の安定期に入ってから

スタートするのがオススメです。

心配な方は、主治医に大丈夫か確認すると良いですね。

 

切迫流産と診断されている方は厳禁

 

切迫早産と診断されている方は、ストレッチも厳禁です。

メリットがたくさんストレッチですが、

必ず行わなければならないものではないので、

できないからといって落ち込む必要はありません^^

 

 

お腹が張るようなら休む

 

妊娠中期以降はお腹が張りやすくなります。

必要以上にお腹が張ると切迫早産のリスクが高まるので注意が必要。

 

お腹が張るようであれば、ストップし

お腹がゆったりしているときにストレッチを行ってみてください。

 


 

 

 

 

〇妊娠中の体への大きな負担の軽減に…

〇腰や股関節、お尻などあちこちの痛みの予防に…

〇出産に向けての体の準備に…

〇ストレスフルの毎日の気分転換に…

 

オススメのマタニティ向けストレッチ。

 

 

気分が向いたときに、思いついたときに、

無理のない範囲でおこなってみてください^^