· 

⛳ナイスショット!!⛳・・・イテテ

豪快にフルスイング!!・・・⚡⚡ズキッ⚡⚡

ゴルフを行なった際に、ラウンド中や終わった後に【上腕三頭筋】に痛みが出ることがありませんか?二の腕の裏のプニプニした部分の奥についており、肘を伸ばす動きで使う筋肉を上腕三頭筋といい、痛みや違和感を感じながらゴルフを続けてしまうと、

 

・上腕骨内側上顆炎(野球肘・ゴルフ肘)

・上腕三頭筋腱炎

 

などの症状が現れてしまいます。


上腕骨内側上顆炎ゴルフ肘・野球

手を酷使することによって、前腕屈筋群手首を手の平側に曲げる筋肉群(前腕屈筋群)に慢性の外的刺激が加わり、ドアノブを握って内側にひねる動作など手の平を外にむける時のような動作の負荷によって、腱繊維の微小亀裂や炎症が生じることをいいます。 

原因

肘への負荷が過剰になることにより、外側で骨同士がぶつかり、肘の内側の隆起部分の骨や軟骨が剥がれたり痛んだりするため、肘の内側でも靭帯や腱や軟骨も痛みます。物をすくいあげるように物を持ち上げたり、手に力を入れる動作時に痛みます。肘の内側に痛みを感じるようになり、ひどくなると肘の伸びや曲がりが悪くなり動かせなくなります。


上腕三頭筋腱炎

上腕三頭筋の付け根である肘の使いすぎや挫傷などによって、その部分が炎症を起こすことをいい、腕や手首を伸ばす際に関節痛があります。

原因

上腕三頭筋は腱となって肘関節の肘頭(肘の後ろの突起部分)についており、そこが何度も引っ張られて微小の損傷が起きて炎症が起きる。


効果的な解消法

①右腕を前に出し、もう一方の手で指先をつかんで手の甲の方へ反らす。

➁息を吐きながら、ゆっくり筋肉を伸ばしていく。

※反対側も同じように行ないましょう※

 

(両手を組んだ状態で手の甲を自分の方に向け、両腕を伸ばしていく方法も効果的です)

①胸の前で腕を横に伸ばし、片方の手で抱え込むように手前に引く。

➁腕の前面がつっぱる感じがするところで10秒間キープする。

①右側の腕を真上に上げて肘を曲げて、指先を右肩に軽く着ける。

➁反対の手で右肘をつかみ、なるべく頭を下げないようにして、肘を後方に押していく。

③腕の後面がつっぱるところで、5秒間キープする。

 

 

※しっかりアプローチするために肘が外側に開かないよう注意しましょう。肘を曲げて指先を肩に着けたら、そのまま肘を真上に徐々に上げていくのことがポイントです。


痛みに悩んでいたけどそのまま放置していた方は特に、予防・解消のためにこれらのストレッチを行なう習慣を身につけてみてはいかがですか(^^♪