· 

あなたはしゃがむ動作ができますか!?

 

こんにちは

ストレッチヒーロー米子店です!👩

 

今日はあいにくの雨で気温もグッと下がっていますが

体調を崩さないようにしてくださいね!!

 

今回のテーマは【足首】

ストレッチ中も足首が硬い方はいますよね。

 

硬いとどうなのか、

柔軟性が身につくと良いことを教えますね🔥


 

 

足首が硬いと運動やストレッチ時に、やりたい動きが出来なくなってしまいますし、

怪我をしやすくなるので足首の可動性は維持しなければいけません。

 

最もできなくなる動作として「しゃがむ」ことが挙げられます!

 

「しゃがむ」の画像検索結果「しゃがむ」の画像検索結果

 

股関節・膝関節・足関節(足首)の3つの関節

しっかり曲がらないとできない動作ですが、その中でも足首の影響が一番大きいです。

 

まず、足首はふくらはぎの筋肉が縮んだままになっている可能性が高いです。

 

「筋肉が縮んだままになってしまう原因」

 

ストレッチをする機会が少ない

  ⇨ストレッチをすると柔軟性が高まってきます!

 

□足の指を過剰に使っている

  ⇨足の怪我やスポーツなどの負荷が高い動きをした時に硬くなる。

 

【硬いと身体に負担がかかる】

□腰が反る

  ⇨足首硬いと膝が前に出ないので、その代わりに腰に負担がかかります。

 (腰、膝裏の筋肉に負担がかかり、逆にお腹やお尻に力が入らない)

   

□足首が外に向くと膝が内に入る

  ⇨膝に対して足首が外に向く、つま先をまっすぐに戻すと膝が内に入る。

 (この悪い連鎖は膝だけでなく、骨盤、腰にもつづいて起こります。)

 

□むくみやすい、骨盤の働きも悪くなりやすい

 

【足首が硬くしゃがめない人のストレッチ】

①ヒラメ筋のストレッチ

 片方の膝を立ててしゃがみ、立てた足のつま先と反対の膝の位置を揃えます。

そして立てた膝を押すことで伸ばすことができます。

 

②腓腹筋のストレッチ

 足を前後に開き後ろのかかとを床につけたまま前方に体重をかけることで

伸ばすことができます。

 

③段差を利用したストレッチ

 片足を一歩踏み出し段差のあるものにつま先だけを乗せます。

ゆっくりと前屈して足首からふくらはぎ、太ももの裏が伸びるのを感じ

心地よく感じる所でキープします。

 

【柔軟性が身につくと良いこと】

①怪我をしにくくなる

②血行促進

③運動能力のアップ

 

 

「足首」の画像検索結果

 

 


しゃがむ動作ができない方は是非やってみて下さい!