農作業で腰痛経験があるという方

 

こんにちは。

ストレッチヒーローです!

 

 

この時期、野菜やスイカなどの収穫。

また、田んぼ仕事で忙しく腰痛を起こしやすいという

方が多いので、農作業中の腰痛のリスクや改善点を

ご紹介します(*^-^*)


 

まず初めに、農作業中に腰痛を感じる方の特徴として、

 

・重たいものを持ち上げた時

・前かがみや中腰の体勢が続く

 

という点があります。

 

正しい姿勢や、体の動かし方を意識していないと、

腰に対して負担をかけてしまう要因になるので、

まずは正しい体の動かし方を注意しましょう!

 

 

~物を持ち上げる時~

 

物を持ち上げる時、ついつい立ったまま持ち上げようとしていませんか?

立ったまま屈み、持ち上げるという動作は腰に大きな負担がかかります!

 

物を持ち上げる時は、膝を曲げて物に体を近づけましょう。

体に物を引き付けることによって負担が軽減します。

 

また、左右に持ったものを移動させる時や方向転換する時に、

腰から上だけを動かしていませんか?

この動作も腰に負担をかけてしまうので、

体ごと向きを変えるよう意識しましょう!

 

~同じ姿勢での作業が続くとき~

 

中腰姿勢での作業が続くのであれば、小さな椅子を用意してみて

ください!座りながら作業するだけでも、中腰のまま長時間作業する

よりも負担は軽減されるはずです。

しかし、どうしても背中や腰の筋肉は緊張し、硬くなってしまうので

作業の合間にストレッチを挟むこともオススメです!(^^)!



~最後に~

 

もし、仕事中にコルセットを巻いているという方は、

休憩時間等はなるべく外すようにしましょう!

 

四六時中巻いているという方は、

お腹にある、腹横筋というインナーマッスルが衰えてしまうため、

・姿勢の乱れ

・腰痛

・疲労

などを起こしやすくなる可能性もあるので、

予防として、トレーニングやストレッチを普段から

行なうようにしましょう!