疲労が抜けない意外な理由

 

こんにちは。

ストレッチヒーローです!

 

 

みなさん、体の力を抜くことはできますか?

ここで言う力を抜くということは、

「心からリラックスできる場面はありますか?」

ということです。

 

自分の中で休んでいるつもりでも、

次の日に疲労を持ち越してしまうという方も

多いのではないでしょうか?

 

よく聞く話では、

自律神経の乱れにより、昼夜に働く交感神経

副交感神経の切り替えができず、体調が崩れるという点です。

自律神経が乱れることにより、ストレスの影響を大きく受けたり

生活習慣が乱れたりします。

 

・慢性的な肩こり

・全身の倦怠感

・体の硬さ

・めまい

・お腹の調子が崩れやすい

 

なども自律神経の乱れから起きやすい症状です。


 

自律神経が乱れることにより、体の力を抜くことが難しく

疲労がなかなか抜けないということもありますが、

 

タイトルでもあげているように、

意外な理由として...

顔にある「咬筋」という筋肉を

ご存知ですか?

噛む時に使われる咀嚼筋の一つです!(^^)!

 

 

人間の最も強い力は噛む筋力です。この咬筋が硬くなることで

体全身の筋肉も硬くなり、日常生活に影響を及ぼすことも

ありえるため、咬筋を緩めるということは非常に重要です!

 

咬筋が緩むと、脳が全身をリラックスさせるサインを送り始めるので、

それによって血流が良くなり、全身の筋肉が緩みやすくなります!

 

なので!

疲れがきになっている部分をマッサージしたりストレッチしたり

してもなかなか疲れが抜けないという方は、

咬筋を緩めるということもしてみましょう♪

 

もちろん、自律神経を整えるために規則正しい生活を

心掛けたり、適度に運動を行なうことも重要ですよ!

 

⇩咬筋の緩め方のご紹介です。真似して緩めましょう(*^^*)