体を引き締めるために意識すること

こんにちは。

ストレッチヒーローです!

みなさん、運動をしているけどなかなか痩せないという方、

いらっしゃいませんか?

または、食事を抜いたり我慢したりしていないですか?

今回は体を引き締めていくためのポイントを

いくつかご紹介するので参考にしてみてください(*^^*)


1.運動だけで痩せようとしている

みなさん、体脂肪1㎏に対し何カロリーのエネルギーがあるか

ご存知ですか?答えは、約7200kcalあると言われています。

単純に考えると、1㎏の脂肪を落とすためには、7200kcalを

消費しないといけないということです。

60㎏の男性が30分運動を続けた場合、水泳のクロールで600kcal

軽いジョギングで180kcal、程度消費します。

つまり、1㎏落とすためには全然運動量が足りません。

ちなみに、600kcalはミートスパゲティー1皿食べると摂取できて

しまうので、やはり食事も意識しないと引き締めていくというのは

難しい話です(>_<)


2.食事のコントロールが難しい

運動だけで体を引き締めようとする人は、「運動しているのだから食べても大丈夫!」と考える傾向があります。

しかし、先ほどお伝えしたように、運動だけで消費できるカロリーは少ないです。

運動した後は、食欲が増進されるのでつい食べすぎてしまいがちです。

だからといって、まったく食べないのも筋肉が落ちてしまい代謝も下がってしまうので、逆効果です!あくまでも必要な栄養素をバランスよく摂りながら、食べ過ぎないよう心掛けると、健康的に体を引き締めていけます♪


では、意識するポイントはどこなのか。

〇運動する時間帯を朝もしくは昼に行う!

最適なのは、交感神経が優位になっている脂肪が燃焼しやすい朝、昼です。

運動を行なったあとは、しばらく脂肪燃焼の状態に体が切り替わるので、

通勤や仕事中なども消費できるカロリーは多くなるのです!

仕事が終わり、家に帰ってから運動をしているという方は、

夜は日中に比べ活動量も少ないため、消費できる量も少ないですし、

もったいないです(>_<)

朝運動を行なう際は、水分と糖質が不足している状態なので、体調を崩さないように、水分補給と軽い食事を摂ってから運動を始めましょう!

〇食事について専門家にアドバイスをもらう

どうしても自分では食事の管理が難しいという方は、

専門家に話を聞くということも重要です!

自身で調整ができるのならば、ダイエットに成功しているはずです。

・無理な食事制限

・気を付けているつもりでも摂取カロリーが多い

・我慢することが辛い

など無理をしてしまうと、実はリバウンドのリスクも高く

なるため注意が必要です!

ストレッチヒーローでは、食事や運動などの管理を行い

体を引き締めたいという方に合わせたコースもあるので、

気になる方はチェックしてみて下さい♪


〇ストレッチとダイエットの関連性について

最後にストレッチとの関連性についてご紹介します。

柔軟性を上げることにより、体の可動域が広がります。

可動域が広がることにより、運動量も自然とアップし、消費するエネルギーの量も多くなります。

また、怪我の予防にもつながるので、運動中の故障も防げます♪

そして、一番は姿勢です!

姿勢が悪いままダイエットを続けたとしても、

下腹だけぽっこり残ってしまっていたり、猫背が体を丸く見せたりと、

外見の引き締まり具合が薄くなってしまいます。

また、姿勢が悪いと運動の際に正しい向きに力が加わらず、

怪我をしてしまったり、すぐ疲れてしまったりと運動の効果も少なくなることが考えられます。

その為、姿勢を作るということも実は重要なポイントなのです!(^^)!

ここでご紹介したポイントはほんのわずかですが、

・体を引き締めたい

・美しく見られたい

・自分ではダイエットが難しい

・結婚式に向けて痩せたい

など体を変えていきたいという方は、一度ストレッチヒーローにお越しください!

あなたに合わせたメニューのご提案や、アドバイス等を行います(^-^)

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼HP限定割引情報

▼店舗予約・お問合せ

下記のバナーをクリックして、店舗ページよりお問合せ・ご予約ください。お待ちしています。

▼STAYHOMEでストレッチ

コロナ自粛疲れを解消するストレッチを動画やページ特集で発信しています。

最近の記事

▼求人情報

◇求人/スタッフ募集◇

未経験者歓迎、資格認定証発行、昇給有、各種手当有

PAGE TOP