ぎっくり腰の痛み

 

 

こんにちは。

ストレッチヒーローです!

 

 

今回は、魔女の一撃とも言われているぎっくり腰について

お話をしていきます。

 


ぎっくり腰を引き起こす原因として、様々な理由や個人差があります。

 

・重い物を持ち上げようとしたとき

・立ち上がろうとしたとき

・軽くお辞儀をしたとき

・激しい運動をしたとき

 

など考えられるケースはありますが、実はぎっくり腰が起こった時に

体の中で何が起こっているかは、具体的には分かっていないという現状があります(>_<)

 

椎間板ヘルニア圧迫骨折などの場合も考えられるので、

強い痛みがある方はまずは、医師の診断を受けましょう!

 

 

そして、ぎっくり腰にならないための予防をして、

柔軟性や筋力を身に付けておくということが重要です。

 

腰痛を引き起こす方の特徴として、やはり筋肉の硬さを筋力の低下

が多いので自身でストレッチを普段から行なう、またはストレッチヒーローで

全身を伸ばすこともオススメです!(^^)!


では、ぎっくり腰が起きた時に体を動かすということはどうでしょう?

 

 

「痛みがある場合は安静にしているのが一番!」と思っている方は

いませんか?

上記にあげた、ヘルニアや骨折ではない場合、安静にしている方程

完治するまでに時間がかかるということは知っていましたか?

 

海外の研究結果でも出ているのですが、

1「ベッドでの安静」

2「治療家のどの施術を受ける」

3「できる限り、普段通りの生活を送る」

 

の3つを対象にぎっくり腰の経過を追ったところ、

3が一番早く回復したという結果もあります♪

そして一番回復が遅かったのが、1です!

 

痛みが激しい時は安静と受診が重要ですが、

ずっと安静にしていても治りは遅いということです!

 

日常生活に支障が出る場合は、湿布や痛み止めを利用するのも

一つの手です。軽いストレッチや温める、もしくは冷やすなどの

痛みが落ち着く方法を見つけて、行なうのも良いことです(*^-^*)


今回は、ぎっくり腰を起こしている方にオススメのストレッチを

ご紹介します。

痛みが強すぎないよう、無理せず行ってください。

①写真と同じように座ります。

②脚を肩幅ほど開きます。

③背中を丸めながら脚の間に上半身を入れていきます。

④リズムよく上半身を前後に動かします。

※前に倒すときに息を吐くように。

 

これを10回2セット行いましょう♪



最後に、夜寝るのが辛いという方、仰向けに寝た状態で脚が90°曲がるくらい

脚の下に布団をかませるなどして、腰の負担を減らしてみましょう!

 

 

ぎっくり腰を予防するには、柔軟性と筋力が重要なので、

繰り返しぎっくり腰を発症しているという方は、

ストレッチヒーローにお越しください。

全身の柔軟性向上や、筋力アップを目指していけます!