· 

目の中で〇が泳ぐように見える現象 ~むすかいぼりたんてす~

この頃、目の中で【虫】のようなものが泳いでいるよう感じたことはありませんか?

 

この現象を飛蚊症(ひぶんしょう)といい、『ムスカイボリタンテス』とも呼びます。


原因

目の内部を満たす硝子体内の混濁

目の中央に、ゼリー状の硝子体という透明な液体がつまっていますこの中に濁りができてしまうと、その濁りの影が目の底の網膜(カメラのフイルムに似たもの)にうつり、細かな浮遊物のように感じるのです。この濁りは老化などによる硝子体の変性、出血、炎症などが原因で起こります。また、強度近視の眼は飛蚊症になりやすいといわれています。


症状

視界に浮遊物のようなものが見え、視点を変える度にそれが動き回るように感じる。多くの場合加齢により自然発生する。飛蚊症自体、目の機能に問題はないですが、稀に網膜剥離の初期症状等の症状として現れることもあります。

 

〇若い人〇

母親の胎内で胎児が成長する過程では硝子体に血管が通っており、通常は生まれた時点でこの血管はなくなっています。しかし血管のなごりが硝子体に残っていると、これが濁りとなって飛蚊症の症状が出ることもあります。

この場合、生理的なもので健康な方にも起こる現象なので、症状が進まない限りはあまり気にしなくてもよいでしょう。

 

 

〇中高年〇

硝子体は加齢によってゼリー状から液状に変化します。硝子体は次第に収縮して網膜から剥がされていきます(硝子体剥離)。このような変化が飛蚊症の原因です。この加齢による硝子体剥離は病気ではありませんが、場合によって網膜を引き裂くこともあるので注意は必要です。浮遊物が急に増えたら要注意ですので専門の眼科医による診察が必要です。


予防

常に目の酷使していたり睡眠不足の方は注意が必要で、どちらも当てはまってしまっている方はさらに要注意です。予防するために生活習慣をしっかり正して目を休ませるクセをつけてあげましょう(^^♪