足底腱膜炎とは

こんにちは。ストレッチヒーロー米子店です。

       

朝起きた時、最初の一歩目で足の裏に痛みを感じたことはありますか?

     

他にも、

      

①急に歩き出すと痛い

       

②踵や足の指のつけ根当たりの痛み

       

③足の裏のつっぱり感

       

④階段やつま先立ちをすると痛い

      

上記に経験がある方は「足底腱膜炎」の可能性があります。

       

足底腱膜炎とは

       

足底腱膜炎とは足の裏にある踵と足の指のつけ根まで付いている足底腱膜が炎症が起きて痛みを感じる症状です。

         

足底腱膜はアーチ状になっている土踏まずを支える重要な役割があり、足への衝撃を和らげるクッションのような働きもしています。

       

このクッション機能が低下することで足底腱膜と足の指の付着部分で炎症が起きてしまい「足底腱膜炎」になります。

        

足底腱膜炎の原因

      

1.足の裏に強い衝撃を与えるような激しいスポーツをしている

運動後に足の裏のケアをしいないまま繰り返し衝撃を与えてしまうと筋肉は硬くなり足底腱膜炎になることがあります。特にアスファルトで運動している方は足の裏に返ってくる衝撃が強いため足の裏のダメージは高くなります。

           

2.長時間の立ち仕事

長時間立っていることが多い方や座っていることが少ない方は足の裏に強い負荷がかかるので硬くなりやすいです。

       

3.加齢や体重の増加

加齢や体重増加で筋肉が硬くなりクッション機能が低下してしまい、足底腱膜炎になることもあります。

          

4.ふくらはぎやアキレス腱が硬い

ふくらはぎやアキレス腱が硬いと足の踏み返しを足底腱膜が負担しやすくなるので炎症が起きやすい。

       

5.柔軟性が低い

足部の硬さもありますが、股関節や姿勢不良からも足底腱膜炎の原因はあります。

        

対処・予防

        

足の裏の痛みを感じた場合は、分かる範囲の激しい動きや痛みの原因になった行動を制限する必要があります。

      

また、運動後のストレッチやこれから足底腱膜炎を繰り返さない様にストレッチで予防していく事も必要です。

         

酷く悪化して治らない場合は手術療法もありますが、誰しも手術は苦手だと思うのでそうならない為にも日頃のケアは大事にしましょう!

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼HP限定割引情報

▼店舗予約・お問合せ

下記のバナーをクリックして、店舗ページよりお問合せ・ご予約ください。お待ちしています。

▼STAYHOMEでストレッチ

コロナ自粛疲れを解消するストレッチを動画やページ特集で発信しています。

最近の記事

▼求人情報

◇求人/スタッフ募集◇

未経験者歓迎、資格認定証発行、昇給有、各種手当有

▼新型コロナウイルス予防対策

PAGE TOP