股関節の柔軟性up!

こんにちは!

ストレッチヒーローです。

   

今回は、股関節の柔軟性を上げていくためのストレッチを紹介します。

その前に、ストレッチを行う際に意識することをいくつかあげますね(^^)/

   

○毎日行うこと○

 → 毎日が難しい方は、1日おきに行ったり、自分で行う曜日を決めたりなど

   簡単なルールをつくってみて下さい。

○無理に伸ばそうとしないこと○

 → 無理に伸ばそうとしたり、急に伸ばし始めるのは怪我のもとです。

  (痛み、違和感を感じたらすぐにやめましょう)

○筋トレも行うこと〇

 → たとえ柔軟性が上がったとしても、関節を支える筋力が弱いと

   股関節を柔らかくした意味がありません。

   

   

《ストレッチ》

   

まずは重力を使ったストレッチです。

①お尻と脚を壁につけ、天井に向かって脚を伸ばす

②お腹に力を入れながらゆっくりと脚を開く

③痛みを感じる一歩手前で止め、5秒キープ

(慣れてきたら秒数を増やしましょう)

④ゆっくりと脚を戻して、②~③を数回繰り返しましょう。(5~10回ほど)

   

続いて股関節周りのストレッチです。

部位ごとに紹介していきます。

   

   

〇お尻〇

①床に座り、右膝を曲げ外側面を床につける

②両手を床につけ、骨盤を起こしながら左足を後ろに伸ばす

③重心をずらさずに、上体を前にゆっくりと倒す

④20~30秒キープし、左右とも行う(2~3セット)

   

〇もも裏〇

①両手を床につけ片方の足を前に置く

(つま先を少し外側にむける)

②もう一方の足は後に伸ばし脱力

③重心は前に出した足のかかとにのせるイメージでゆっくりと

 上体を床に近づける

④20~30秒を左右とも行う(2~3セット)

   

〇もも前〇

①うつ伏せになり、右足の膝を曲げかかとをお尻に近づける

(右手で右足の甲をつかむ)

(ももの下にクッションかまくらを置くとより伸びます)

②ゆっくりとお尻に近づけながら痛気持ちいいところでキープ

③20~30秒を左右とも行う(2~3セット)

   

   

ストレッチ中は呼吸を止めずに自然な呼吸で行いましょう(^^)/

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼HP限定割引情報

ストレッチヒーローホームページキャンペーン

ストレッチヒーローダイエットストレッチホームページキャンペーン

▼店舗予約・お問合せ

下記のバナーをクリックして、店舗ページよりお問合せ・ご予約ください。お待ちしています。

▼STAYHOMEでストレッチ

コロナ自粛疲れを解消するストレッチを動画やページ特集で発信しています。

最近の記事

▼求人情報

ストレッチヒーロー正社員求人

◇求人/スタッフ募集◇

未経験者歓迎、資格認定証発行、昇給有、各種手当有

▼新型コロナウイルス予防対策

PAGE TOP