肩甲骨の内側が痛くなる原因とは?

こんにちは!ストレッチヒーロー倉吉店です!

皆さん、仕事終わりの時、携帯やパソコンを長時間見ていた時などに

ココが痛くなる方いませんか?(肩甲骨の内側)

実は、肩甲骨の内側が痛くなりやすい方はみなさん共通して行なっているNG行動があるのです(>_<)

今回は、そのNG行動をいくつか見ていきましょう!


~肩甲骨の内側が痛む原因!①~

机が高い(椅子が低い)ことで、

肘が下がり脇が開いてしまっている!!

お家でのご飯やデスクワーク時に脇が開いていませんか?

脇を開くことによって、肩の位置が前に出てしまいますので、背中が張ってきてしまいます(>_<)


~肩甲骨の内側が痛む原因!②~

猫背の姿勢を長時間とってしまっている!

猫背になるタイミングは、スマホ、パソコン、ゲーム、勉強、仕事など様々な場面であると思いますが、ずっと猫背が続くのはNGです(>_<)

背中の筋肉が緊張してしまい、筋肉の酸素不足を引き起こして痛みなどが体に現れてしまいます!


このどちらもポイントとなるのは、

菱形筋という筋肉です!

猫背になったり、脇が開くことによって、外側に引っ張られてしまうので、緊張が強まり痛みに繋がります(>_<)

ですので、普段から綺麗な姿勢を維持できるようにするために、柔軟性の向上や、上手な体の使い方を知っておく必要があります!(^^)!


では、最後に肩甲骨の内側の簡単なストレッチのご紹介です♪

写真を見ながら真似して伸ばしてみましょう!

①壁に手を同じ高さに固定します。

②手の位置を固定したまま、体を徐々にひねっていき、反対の手も合わせて肩甲骨をぐーっと寄せていきます!

③体をひねったら、肩甲骨を寄せた状態で20秒キープしましょう(#^^#)

④終わったら反対側も同じように伸ばして、これを2セット行いましょう♪


少しは肩甲骨の内側の痛みが和らぎましたか?

体(筋肉)を伸ばすことで、血行が促進され酸素がしっかり供給できる状態の為、痛みが少なくなります。

しかし、柔軟性をしっかり高めて定着させないと、また硬くなった時に痛みが並行して起こります(>_<)

ですので、普段からのストレッチを怠らないよう少しずつ体を伸ばしていきましょう!(^^)!

【ストレッチ専門店 ストレッチヒーロー倉吉店】
鳥取県倉吉市山根557-1 パープルタウン1階
☏0858-27-1481
stretchhero@gmail.com
◇営業:10時~20時 ◇定休:月曜日・木曜日
◇倉吉店へのご予約はこちらから⇨https://bit.ly/3k7SYam

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼HP限定割引情報

ストレッチヒーローホームページキャンペーン

ストレッチヒーローダイエットストレッチホームページキャンペーン

▼店舗予約・お問合せ

下記のバナーをクリックして、店舗ページよりお問合せ・ご予約ください。お待ちしています。

▼STAYHOMEでストレッチ

コロナ自粛疲れを解消するストレッチを動画やページ特集で発信しています。

最近の記事

▼求人情報

ストレッチヒーロー正社員求人

◇求人/スタッフ募集◇

未経験者歓迎、資格認定証発行、昇給有、各種手当有

▼新型コロナウイルス予防対策

PAGE TOP