基礎代謝上げていきましょう!!

こんにちは!

ストレッチヒーロー米子店です。

   

皆さんは、こんなことを感じることはありませんか?

「体を動かしても痩せにくくなった」

「お腹周りの脂肪が気になってきた」

   

その原因のひとつに「基礎代謝の低下」があります。

   

《基礎代謝とは》

基礎代謝とは、生命活動を維持する為に必要最低限なエネルギーであり、活動をせずにじっとしていても消費される1日あたりのエネルギー量です。

一般成人(女性)約1,200キロカロリー

    (男性)約1,500キロカロリー

一般的に基礎代謝は男性が高く、女性が低く、その後年齢とともに徐々に下がっていきます。

そして、基礎代謝が高い人は筋肉量が多いと言われています。

なぜなのでしょうか…?

   

《基礎代謝と筋肉量の関係》

筋肉は、身体を支えると同時に体温をつくりだす働きをしています。

基礎代謝の中でも一番多くエネルギーを必要としており、筋肉量が減ると代謝が落ちるだけではなく体温の維持が出来なくなってしまい身体の中の熱を逃がさないように減ってしまった分の筋肉を脂肪で埋めようとする。

これが続いてしまうと「肥満」につながります。

   

筋肉量の低下は、基礎代謝が落ちる大きな原因です。

筋肉量をキープする為に運動を行うことが重要になってきます。

   

《おすすめの運動》

①筋トレ

⇀ 基礎代謝を上げるには筋トレがおすすめです。

  無理のない範囲で徐々に始めていきましょう。

   

特に「大きな筋肉」を鍛えましょう!!!

大きな筋肉・・・大胸筋(胸)、広背筋(背中)、大殿筋(お尻)

        大腿四頭筋(もも前)、ハムストリングス(もも裏)

        腓腹筋やヒラメ筋(ふくらはぎ)

   

②ストレッチ

⇀ ストレッチは自律神経を整える作用があり、朝からストレッチを行うと交感

  神経が優位になり代謝が上がりやすくなります。

  自律神経が乱れると低体温の原因につながり、低体温は基礎体温を下げてし

  まいます。

   

ストレッチでは特に下半身の筋肉を伸ばしましょう!!!

下半身の筋肉には血流を促進させる働きがあります。

下半身の筋肉・・・大腿四頭筋(もも前)、ハムストリングス(もも裏)

         腓腹筋やヒラメ筋(ふくらはぎ)、大殿筋(お尻)

   

   

まずは、継続を目標にし無理のない範囲で行い筋肉量を上げ基礎代謝も上げていきましょう(^^)/

ブログアーカイブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼HP限定割引情報

▼店舗予約・お問合せ

下記のバナーをクリックして、店舗ページよりお問合せ・ご予約ください。お待ちしています。

▼STAYHOMEでストレッチ

コロナ自粛疲れを解消するストレッチを動画やページ特集で発信しています。

最近の記事

▼求人情報

◇求人/スタッフ募集◇

未経験者歓迎、資格認定証発行、昇給有、各種手当有

▼新型コロナウイルス予防対策

PAGE TOP